はじめまして。

「こころの相談窓口」を運営している

一般社団法人日本傾聴連合会(にほんけいちょうれんごうかい)

代表理事 トム・ヤマダでございます。

 

私どもの日本傾聴連合会(日傾連/にっけいれん)では、

傾聴技法(けいちょうぎほう)に基づいた

カウンセリングが普及することにより、

人知れず独りで悩むことのない

社会に貢献することを目的とする団体です。

 

そのために心理カウンセラーが安心して

活動に専念できる環境を用意する活動を行うと共に、

徹底した傾聴技術を身につける事が出来るカウンセラーの育成を行っております。

 

 

人の心は物ではありません。

人それぞれ様々な悩みがあり、

人それぞれの解決方法がございます。

 

それはクライエント本人にも、

カウンセラーにもまったく予想が出来ないことでした。

 

しかし、クライエント自身が

今、この場所、この瞬間で

感じていることや、考えていることに気付き、

カウンセラーがそれを受け止めることにより、

それらを前提とした言動や立ち振る舞いにおいて、

自己の責任を自覚して他者と関わろうとする

「自立的な生き方」

を培ってもらえる援助「傾聴技法」を徹底することにしました。

 

そうすると、深刻な問題を抱えていたクライエントが、

幾度かのカウンセリングを行った後に

笑顔で帰られるようになったり、

「トムさんのおかげで、私は変わりました!」

と言ってもらえるようになったりしてきました。

 

この様な経験から、

日本傾聴連合会として

心の問題を抱えている人々に対し

『自律的な生き方』が出来る様に、

傾聴カウンセラーの育成と

カウンセラーの活動援助に務めると共に、

 

暗くて重い心の時代から、

明るく楽しい心の時代になるよう貢献し、

カウンセラーを必要としない世の中になるように日夜精進してまいります。

 

2018年9月
一般社団法人日本傾聴連合会
代表理事 トム・ヤマダ