講師: 宇津野 勝也 (宇津野 勝也)

宇津野 勝也2

1.なぜカウンセラーを志したのか。

サラリーマン時代、効率を追い求めるあまり置き去りにされた従業員の心の問題に直面しました。
私は幸いなことに大事には至りませんでしたが、同僚たちが休職と復帰を繰り返しながら、苦しんでいる姿を見てなにもできない自分を歯がゆく思い、少しは知識を得ようと学び始めたのがきっかけです。

2.日本傾聴連合会の養成コースの魅力

学びを進めていくうちに、自然と自分自身と向き合うことになります。
単に知識を得るだけでなく、自分を素直に認められるという効果が大きいです。

3.カウンセラーをやってて良かったと思うこと

カウンセリングルームを訪れた時には硬かった利用者様の表情が、お帰りの時には柔らかな笑顔に変わっていた時です。

4.カウンセラー目指す方へのメッセージ

カウンセラーの学びは、自分を知ることでもあります。
ありのままの自分を認めることは、ほかの方の気持に寄り添う第一歩だと思います。
あなたも私たちと緒にカウンセラーへの道を歩みませんか。