柏木 真也子

柏木 真也子

私は、今は夫と大学生の息子と義母の4人で住んでいます。 私がカウンセラーに成りたいと思ったのは、不登校児とその親御さんや現在子育てに悩んでいる親御さん達が気軽に悩み事やその他何でも話に来れる場所を提供したいと考えたからです。カウンセリングをもっと身近な物にしてほしいとも思っています。 私自身も娘が小学校6年生の時、学級崩壊からいじめを受けました。その時私は、自分の子育てに自信を無くし自身を責めてしまいました。主人や同じクラスのお母様に相談してもほとんど気持ちを分かって貰えないどころか、娘に原因が有るのでは?と言われてとても嫌で辛い思いをしました。そして娘にとっても私にとっても辛く悲しい1年間、そして嫌な卒業式でした。無事に卒業出来たのは私も本気で子供に向き合い続けたからだと実感しました。でもあの時気軽に話を聴いてくれるひと、共感してくれるひとが居たらもっと楽な気持ちになれたのに、と今は感じています。 現在、小学校の放課後クラブでお子さんと関わっていますが最近痛切に感じる事は、誰かに話を聴いてほしい、認めてほしい、褒めてほしい、と思っているお子さんが増加の傾向にあると言う事です。 そして誰かにはやはりお母さんなのです。でもお母さんもお忙しい中で子供とどう向き会って行けば良いのか、コミュニケーションの取り方で悩んでいらっしゃいます。お母さん自身も誰かに話を聴いてほしい、話したい、分かって欲しい、共感してほしいのです。 実際に不登校のお子さんとその親御さんのカウンセリングを個々にさせて頂く中でお互いに気持ちをゆっくりと話して行く内に気持ちの整理が出来て新たな気付きが生まれていきます。私は子育て支援カウンセラーとして少しでも大切なお子様の子育てが楽しく出来る様にお手伝いが出来れば嬉しく思います。
カウンセリング料金 5,000円